トピックス

純金の空気の器

Topicsで以前ご紹介した、空気の器。このたのしいアート作品に遊び心を刺激されて、ギメルから純金の空気の器を発売しました。構想から約1年半。0.05mmという髪の毛ほどの薄さの24金の板をカットして出来上がったのが、純金の空気の器です。
器がどんな形になるのかは、つくる人の感性で。ギフトにも最適です。
大丸神戸店でご覧いただけます。

Designed by TORAFU ARCHITECTS Manufactured by KAMI NO KOSAKUJO

Topics 1 ギメルショップ大丸神戸店、OPEN!

ハチ

2021年6月30日(水)、大丸神戸店8階フロアにギメルショップをオープンいたしました。

オープンを記念して、6月30日(水)から7月13日(火)まで店頭フェアを開催しております。
くつろぎながら贅沢な時間をお過ごし頂けるような、ゆったりとしたブティックです。
お近くにお越しの際には、是非 お立ち寄りください。

お問い合わせは、大丸神戸店まで。

 

Topics 2 和光 ギメルジュエリーコレクション

2021年6月24日(木)〜 7月7日(水)
和光で「ギメル ジュエリーコレクション」が開催されます。

瑞々しい初夏の香りを一足早くお届けいたします。

 
和光ギメルジュエリー
 

和光 本館2階 (03)3562-2111(代表)

ギメルショップ大丸神戸店、OPEN!

ハチ

2021年6月30日(水)、大丸神戸店8階フロアにギメルショップをオープンいたします。
くつろぎながら贅沢な時間をお過ごし頂けるような、ゆったりとしたブティックです。
お近くにお越しの際には、是非 お立ち寄りください。

お問い合わせは、大丸神戸店まで。

ギメルショップ大丸神戸店、近日オープンのお知らせ

ハチ

大丸神戸店8階フロアにギメルブティックをオープンいたします。
くつろぎながら贅沢な時間をお過ごし頂けるような、ゆったりとしたブティックです。
詳細は随時お知らせいたします。
どうぞ、お楽しみに!!

お問い合わせは、大丸神戸店まで。

夢や希望を輝きに託して — 美は心を潤す(家庭画報4月号)

未曽有のコロナ禍で、日常の生活すらままならなくなって早や一年が過ぎようとしています。そういうなか、ジュエリーは心を潤し、毎日の生活に彩りを添えてくれる、そして希望を与えてくれる―と信じて、色彩豊かなカラーストーンを使った作品をつくってきました。私たちの生活様式がどんなに変わっても、うららかな春はまた巡って来て、鳥や生きものたちの尊い命はつながっていきます。ロバート・ブラウニングの『春の朝』にあるように、“すべて世は事もなし”と言える日が来ますように。

Dreams and hopes entrusted upon brilliance – beauty enriches heart (Katei Gaho April Edition)

It has been more than a year since our way of life has been disrupted by Covid-19. Throughout these trying times, we at Gimel have kept ourselves busy creating jewelry pieces with various colorful gemstones with a strong belief that jewelry enriches our heart, adds color to daily routines and brings hope. No matter how our life may change as the result of this disruption, Spring does come around and the lives of birds and animals are passed down to the next generations. We sincerely hope the world will soon be back to normal just as Robert Browning’s famous poem which ends “All’s right with the world”.


世界に色を — サファイアのネックレス(家庭画報4月号掲載)

サファイア

昨年の8月、ドイツの宝石商の友人が、「COVID-19で時間ができたおかげで、タイでこんなにカラフルなサファイアを集められたよ」と興奮気味に連絡をくれました。「これは当然ナチュラルよね」と返すと一瞬絶句した彼が「待って、時間はあるから…」。そして10月になって彼から「出来た!(Done!)」と連絡があってこのサファイア達はギメルの仲間になりました。1ピースずつラボに持ち込み、非加熱であることを確かめてからカット、シェイプを整えてと大変な苦労をしたようでしたが、友人は、君のおかげで時間を潰せたよ。楽しい試みだった、と笑って喜んでくれました。というわけで、こういう時だから出来た素晴らしいネックレスになりました。

Sapphires Necklace (From Katei Gaho April Edition)

One day in last August, a German jewelry trader friend of mine contacted me and told me excitedly that he was able to collect this many sapphires in Thailand thanks to some down time created by Covid-19. When I asked him, “They are, of course, unheated stones, aren’ they?” He lost his words for a moment and said, “I have lots of time, so just wait, will you?” About two months later, he contacted me with a word “done”. That is how these stones became Gimel’s gems. He must have spent enormous time and effort by examining each piece in his lab making sure that the stones had not been heated, then sort them out for cut and shape. He then told me that it was a fun project thanks to me. This beautiful necklace was made possible due to an extraordinary circumstances caused by Covid-19.

和光 ギメルジュエリーコレクション

2021年1月28日(木)~2月10日(水)
和光で「ギメル ジュエリーコレクション」が開催されます。

春の始まりを感じさせる色とりどりのジュエリーをご用意して、
皆さまのお越しをお待ちしております。

春のコレクション

和光 本館2階 (03)3562-2111(代表)

干し柿づくり

去年はじめてつくった干し柿が上手にできたので、今年はさらに100個追加して600個の柿を吊るしました。干してから3日目になるときゅっと身が縮み、2週間ほどしたら食べ頃です。普通の干し柿と違い半生の状態でいただくので、中はとろりとして上品な甘みがあります。

柿は佐渡ヶ島のおけさ柿で、干し柿専用のクリップとハンガーは佐渡JAで使っている特注品をわけてもらったものです。当日集まってくれた12人の剝き方にも個性が出て、だれが上手だとか、これは不細工ね、などと会話しながらの作業がまた楽しいのです。600個を吊るした軒先の景色は紅葉と相まって圧巻でした。

お知り合いの皆さんにも季節の滋味あふれる味をお届けしたくてお裾分けをしていたら、今年もあっという間に無くなってしまいました。

そして、12月はいよいよ味噌づくりが始まります。

干し柿


Making “Hoshigaki”, Dried Persimmons – A Japanese Delicacy

After a huge success in making Hoshigaki last year for the first time, we decided to give it another try again this year. We peeled and hung 600 persimmons, 100 more than last year. After three days underneath the eaves, they shriveled up to about half of the original size and were ready to eat in two weeks, a bit shorter than normal. We harvest them a little sooner because we prefer them to be more juicy, the kind which melts in the mouth with its fine texture and delicately sweet flavor.  
The fruits we used are “Okesa-gaki” persimmons grown in Sado island of Niigata prefecture. JA (Japan Agricultural Cooperatives) Sado was so kind as to offer us some of their custom-made clips and hangers exclusive for making Hoshigaki. Twelve people joined this event and had a good time talking over the peeled persimmons piled on the table praising or criticizing the varying shapes of peeled fruits. It seems the shape of fruits represent the character of the person who peeled them. 

The line up of 600 persimmons hung neatly under the eaves and colored leaves on the background made the entire scenery a real masterpiece on the balcony.
This year again, the Hoshigaki have gone in no time while I was sending them out this seasonal and flavorful delicacy to my friends, acquaintances and staff. 
Now December is upon us, and it is time to start making homemade Miso paste.