Message

新型コロナウィルス拡大のなかで

暖かな春の日差しが心地よい季節になりました。ギメルの谷の樹々も芽吹き始め、鳥がさえずり、桜の満開の便りも届き始めました。アトリエを取りまく八重桜のつぼみも少しずつ膨らみ始めて来ています。

パンデミック宣言も出され、新型コロナウイルスが猛威を振るいマスクの不足が問題になるなか、手製のマスクをつくり始めました。社員ひとりひとりの顔を思い浮かべながら大きくしたり小さくしたり、柄だけでなく使用感や構造も工夫して社員に配っています。そうすることで、私たちにもったいないという感覚が根付き始め、自分守ること、そして周りに迷惑をかけてはいけないという意識も強くなってきたように思います。

そういう中、3月19日から29日まで銀座・和光で、ギメル展 ―桜の詩― が開催されます。閉塞感の漂う昨今ですが、ご事情が許せば、一刻でも楽しい時間を過ごせて頂けますようお待ちしております。

穐原かおる

ギメル展

Kaoru Kay Akihara